top of page
MediumSquareLogo.jpg
  • 執筆者の写真HIROKO ISHIHARA

毎日良い呼吸してますか?

更新日:2023年5月19日


呼吸法
良い呼吸してますか?

 口呼吸と鼻呼吸 何が違う? 


「口呼吸は健康に良くない!」とよく言われますが、それはなぜだか考えたことがありますか? 


チンパンジーは500万年以上前に人間と共通の祖先から別れた動物といわれています。

とてもかしこい動物で、手話で人間と話すこともできるようになるといわれていますが、言葉をしゃべることはできません。 

それはなぜかというと、口から息を吸う 口呼吸ができない からです。


哺乳類で口呼吸ができるのは人間だけ!!って知ってました?


犬が「ハァハァ」と口で息しているように見えるのは体温を下げるための動作で呼吸ではないそうです。


人間の赤ちゃんが「あう」とか「バブ」とかしか発せられないのも、生まれた時は口呼吸できないから! 大人の真似をしていくうちに口呼吸を習得し、言葉が出るようになっていくのだそうです。


動物にとって、鼻は空気を入れるもの 口は食物を入れるもの として分かれており、人間は言葉を話すという進化の中で口でも呼吸ができるようになったのだといわれています。


ただし、もともとは、空気は鼻から入れるという原則は変わらないので、外からの異物や身体に悪い菌を防御する機能を備えているのは、鼻ということになります。


そのため、口呼吸ばかりしていると口が乾く、雑菌が増える、喉を傷める、アレルギー症状の原因になるなど様々なデメリットが報告されています。


鼻から吸って口から吐くは正しいの?


スパファンゴヘルシーエイジング協会のマインドフル呼吸では、口から体の中の古い空気を吐ききって、鼻から吸う という呼吸をよくやりますよね?


これは、鼻呼吸なのか口呼吸なのか?って聞かれると、呼吸器系のお医者様は口呼吸に分類するそうです。


でも、このマインドフル呼吸は、分類関係なく普段の呼吸とは違う深い、大きな呼吸と理解してください。

これを起きている間ずっとやったら、他のことに手が回らなくなってしまいます。


マインドフル呼吸は、1日5分だけでも意識して深い呼吸をするというセルフケアの基本とお考え下さい。消して普段の呼吸の大半をマインドフル呼吸にするということではありません!


古い空気を外に出し、そのスペースに酸素を入れて体の隅々までいきわたらせることで、内臓もしっかりと動くようになり、自律神経のケアにもつながります。


緊張するしたり、身体がこわばっていると息は浅くなり、吐くことが上手くできなくなるため、新しい空気を入れるスペースもなくなり、結局、呼吸の速度だけが上がってしまい、身体に負荷だけがかかり、必要な酸素が廻らなくなってしまいます。


鼻から入れた息が喉、肺、胸を通って腹の方へ。体全体にいきわたるような呼吸ができると、胸と腹だけが前に膨らむのではなく、体幹全体が四方に膨らみます。身体全体に酸素がまわって内臓が喜んで動いているような状態です。

これが感じられるようになったら、もうあなたはマインドフル呼吸が楽しくなって毎日やりたくなってしまうはずです! 


口呼吸を無意識にしている方は、「上体がのけぞり、あごが上向いてしまう」そんな姿勢になりがちです。これは、人工呼吸などをする時に軌道を確保する姿勢に似ていますね。とりあえず酸素を体に入れるときの姿勢です。


写真を撮るとなんだかいつもあごが上向いて写っているなと気付いたら、普段の呼吸をちょっと気にしてみてください。

呼吸と姿勢もふか〜いつながりがあるのです。


協会理事の北本福美先生のやさしいガイドで自然とマインドフル呼吸が身に付くようになる5分間のワーク試してみてください。





17日金曜日の夜はオオカミになってみよう!



オオカミ遠吠え
オオカミ呼吸とは?

17日の夜は三日月ですが、オオカミになって動物マインドフル呼吸を体感してみましょう!


深い呼吸は最初は誘導してもらいながら意識して取り組まないと、どうやっていいのかなかなか理解できません。


浅く呼吸してても人間はなんとなく生きていることが出来るからです。


日本人は、「転ばぬ先の杖」を大切にし、かなり先の将来のこと=不安を解消するために色々策を練る国民だと海外の人は良く言います。


「将来病気になっても安心保障!」という医療保険のCMに納得している人いませんか?


よく考えると、病気になっても安心 なんてありえないんですよね!

遠いか近いかわからない将来の医療費のための備えは必要だなと感じるのに、健康を維持するための小さな取り組みは、なかなか普段忙しいと忘れがちで続かない・・・ 


「身体を壊して初めて健康法に目覚める」なんて人 多いのではないのでしょうか?


毎月開催しているTERRA小屋は、セルフケアについて仲間と話したり、体験することで、TERRA小屋の日の後、数週間あるいは数日間は、自分の心身のケアのための何かに取り組むようになります。1ヶ月に1回定期開催することで1年間自分のためのケアについて考えない月はない1年が過ごせるというわけです。


ずっとご参加いただいている方は、第1回に参加した時の自分を振り返ってみると、色々と良い変化が生まれているのではないでしょうか?


今月は、調息 息について学び体感する90分。息を細く長く吐くことが苦手な方は必見!

北本先生のオオカミ マインドフル呼吸ワークお楽しみに。


呼吸を極めると力まなくても力が湧いて、身体もしなやかになります!

そう!鬼滅の刃も呼吸で強くなってますよね💛


TERRA小屋はどなたでも1回だけでもご参加いただけます 

その都度参加の方はこちらまで! ↓




最新記事

すべて表示
bottom of page