top of page
MediumSquareLogo.jpg
  • 執筆者の写真HIROKO ISHIHARA

年の瀬 自分の心身も大掃除!

心身と響きあう音を感じて浄化する
音浴リトリート 音を使ったセルフケア

自分自身の心身の状態に気付けない人が多い!


時に人間関係は複雑で、SNSの台頭によりちょっとしたメッセージのやり取りで傷ついたり傷つけてしまったり… 顔が見えていてもお互いを理解しあうのが難しいことだってあるのに、顔が見えないネット上の文字だけのやり取りでストレスのない人間関係を気付いていくのは実はとっても難しく、心身に負担がかかってしまうものなのです。


毎日膨大にくるメッセージや情報。だんだんそれに麻痺していく心身。

そして、その心身がちょっとやそっとのことでは感じなくなってしまっている状態の自分に気付けていない… 


そんな状態が続くと、ある日突然凛々しく立っていたと思っていた自分が


「ポキッ」


と折れてしまうことがあります。

そうなってからでは、復活するのがとっても大変です。 

私は、この協会の活動を始める前に何度となくそんな経験をしてきました。折れた状態にある自分で、無理やり前に進もうとすると、自分自身も周囲にいる大切な人たちも傷つけてしまうことがあり、結局仕事もプライベートも上手く行かず、


「なんで自分だけ!」


と思ってしまい、心身の状態はさらに悪化してしまいます。 そうなる前に日々少しずつメンテナンス=セルフケアを楽しく続けてることの大切さをお伝えしていきたいと思って、12月8日にリアルセッションで【響きあう音と心身 音浴リトリート】を開催させていただきました。ちょうど年の瀬 自分の心身の大掃除して新しい年への準備となるヒントを少し公開しますね。


自分に響く音 音と遊びながら 


協会理事の公認心理師・臨床心理士であり芸術療法士でもある北本福美先生が、金沢のご自身のカウンセリングルームのカワイイ音具たちを東京につれてきてくださいました。

食物繊維とビタミンのバランスを考えた健美ランチを食べながら、少し場の雰囲気を温めて、音具たちと触れ合うことからセッションの時間が始まりました。


初めて参加する方々は、「自分に響くのはどれ?」と言われても〜 という感じでしたが、「なんとなく好きだな〜」という音でいいんですよとお伝えすると、「これかな〜」という感じで、その日の自分に響きあう音というのを見つけていきます。

この、音をただ聞いて自分の心身が感じていることだけに意識を向けるという時間を設けることで、知らないうちに閉じていた自分の中のカーテンが1つ開いていきます。


〜遊びながら ご自身の心と身体にただただ意識を向けるだけの時間〜


単純なのですが、普段の忙しい毎日の中では忘れてしまうそんな時間や感覚です。


 

呼吸を丁寧に 調身・調息・調心


いつもオンラインTERRA小屋ではやっている基本の基ですが、これも改めて丁寧に集まった皆さんとやってみると、普段一人でやっていることが少し丁寧さに欠けていたかな?が雑になってしまっているかな?と感じる場所もありました。でも、雑になっていくのは当たり前で、時々こういう機会や時間を作って、他の方々と一緒にやることでまた新しい気付きが生まれるものです。

今回のセッションでは「素粒子呼吸、招気呼吸、ボディ・スキャン、マインドフル呼吸」を丁寧に行いました。北本先生が参加された方々の様子を確認しながら、テンポやガイドをカスタマイズしてくださるのも、リアルセッションならではです。



聴覚のお掃除 イヤークリーニングと音遊び


音浴のワークをする時に、必ずイヤークリーニングというものをセットで行います。

それは、全ての音に気付きを向けること。つまり自分の聴覚を開く準備をし、音だけに気付きを向けるそんなワークです。音の気付きは人それぞれで普段の生活では聞こえない音などにも気付きが向けられます。身体の感覚度数を上げていく準備です。



そして、五感が開花する音遊び。北本先生と音のコール&レスポンスです。


ペンタトニックという音の並びを使って、参加者の方が心のままに奏でる音に北本先生がレスポンスをして、即興の音を奏でていきます。とっても美しく個性的な音の並びが出来上がっていき、二人の即興曲が生まれ、指揮者もいないのになぜか同じタイミングで演奏が終わる。


以心伝心といいますが、心が開くと言葉がなくとも心と感性が通う素敵な時が流れます。

終わった後の皆さんの笑顔がとってもキラキラしていたのが印象的でした。



第5のチャクラを開く音の瞑想


高岡の音浴リトリートでも実施した音の瞑想「ジベリッシュ」をやりました。

第5チャクラは、コミュニケーションのチャクラです。意味を持たない音をお腹からすっ~と、イントネーションをつけず吐き出していきます。お約束事は、同じ音を続けて発しないということだけ。

最初は、声を出すことや無意味な音を出すのが何だか恥ずかしいし、奇妙な雰囲気じゃない?と初めてやる方は思うと思います(笑) 私もそうでした。


でも、声を出すことって気持ち良いし、意味のある文章とかではないので、頭を休めながら自分が出す音だけに集中するという状態が自然に作ることができるワークなのです。

初めての人が一人でやるのは、ちょっと気が引けると思うので一度こういうワークに参加してみることをお勧めいたします。控えめに声を出しているうちに、だんだん恥ずかしさも何もかも吹っ飛んで、ただただ音を出すことだに集中する自分に不思議となっていきます。

そして、3分後には何だか身体の中心にきれいな軸が通ったそんな感覚が得られるのです。



そして、音の記憶でイメージワーク


今はもう聴くことのできない、自分だけの大切な音が誰にでもあるものです。その時間・場をイメージしてその中に心身を投じていきます。

一瞬を丁寧に、細密に、これまでのワークで開いている五感をフルに投じてイメージと対話していきます。


音の記憶。それは大切な思い出であり、いつでもその音でその時の大切な感覚をよみがえらせてくれます。悲しいこと、楽しいこと、辛いことが音を通してご自身の心にアンカーされたもの。その当時の記憶を今の自分の五感で味わうことで、また違う感覚で捉えることができ、ご自身の心の浄化につながっていきます。


ワーク終了後の皆さんのお顔を拝見して、このTERRA小屋リアルセッションを開催してよかったと感じました。


ワークを終わって


音浴リトリートは、人間の身体の70%近くが水分だということを体感できるかの如く、水と音が波動によりお掃除されていく感覚が1回のセッションでも体感できます。


今回は、少人数プライベートセッションですとお伝えしていたので、ワークの様子の写真やビデオを詳しくアップすることは控えています。

その時に奏でた音を少しシェアしますので、音浴リトリートワークにご興味ある方は音のシェアをぜひご覧ください。






15日金曜日はオープンTERRA小屋


毎月1回開催していますセルフケア力をアップする健美の学び舎 TERRA小屋オンライン。

今月は、総集編と題して2023年のセルフケア勉強会を振り返り、忙しい時だからこそ触れたい本や音を北本先生と紹介するオープンTERRA小屋を実施します。


普段はその都度参加の方には1000円の参加費を頂戴しているのですが、今月はオープンなので無料でどなたでもご参加いただけます。


ZOOMで顔出し、顔出しなしの聞き専参加、または協会公式Facebookサイトでのライブ配信を予定しています。


時間ありそう!という方ぜひ参加登録だけでもいかがですか?


TERRA小屋は、しっかりとした専門的知識をベースにしていますが、難しくなく気軽に楽しくセルフケアに取り組めるよう工夫して毎回勉強会を開催しています。


健美は一日にしてならず。しかし、続けるには気軽に楽しくできることが大事だと思っています。その思いが一人でも多くに人たちに波及していったら嬉しいです。


参加登録いただけるとZOOMリンクやライブ配信リンクが表示されます。

ちょっと気になっていた方、だいぶ前に参加したことある方、ご自身の健美のためにのぞいてみませんか?













閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page