top of page
MediumSquareLogo.jpg
  • 執筆者の写真HIROKO ISHIHARA

それぞれのウェルビーイング


楽しく生きよう
それぞれのウェルビーイング

最近世間で良く聞く「ウェルビーイング」 

#ウェルビーイング って何ですか? って聞かれたらなんて答えますか? 

ちょっとウェルビーイングについて考えてみました。


WHOが提唱するウェルビーイングとは


「ウェルビーイング(well-being)」このことばが初めて登場したのは、1946年の世界保健機関(WHO)が設立されたときでした。日本語では、健康、幸福、福祉などと直訳されます。世界保健機関憲章では、「健康とは、単に疾病がない状態ということではなく、肉体的、精神的、そして社会的に、完全に満たされた状態にあること」と説明されています。


ウェルビーイングの概念として有名なものにPERMAとという指標があります。ポジティブ心理学で有名なスリングマン氏が考案したもので


   Positive Emotion(ポジティブな感情)

   Engagement(何かへの没頭)

   Relationship(人との良い関係)

   Meaning and Purpose(人生の意義や目的)

   Achievement/ Accomplish(達成)


この5つのPERMAが満たされていると人は幸せだと言っています。


その他にも企業経営向けにコンサルティング会社が提唱している指標なども存在し、ウェルビーイングの研究も盛んです。 


このような指標が発表されると、全てをバランスよく満たすことが必須! と考える方がたくさん出てきます。


でも果たして、全てが満たされていないとウェルビーイングではないのでしょうか? 



肉体的、精神的、そして社会的に、完全に満たされた状態って?


そもそも満たされるってなんでしょう? 

これも「一般的にこうです」と提唱するのは難しいですよね。

感じるというのは、一人ひとりの感覚によるものです。

人それぞれ、満たされる〜 と感じる瞬間は違うでしょうし、満たされてるかどうかわからない状態でも心地よいと感じることだってあると思います。


今の自分がどう感じているのかということを冷静に分析することは、いざやろうと思ってもなかなかできなかったりしませんか?


仕事や普段の生活の中で、自分の感情をそのままストレートに出すことがNGとされる場面や、人との関係を考えると自分の感情を抑えた方が円滑に物事が進むとか、人からこう思われたいから自分を演出しようとか・・・ 人間という生き物は、成長するにつれて思いや人間関係が複雑になり、いつしか本当の自分や本当の感情というものを奥の方へと追いやってしまっていることが多くなります。


そういう状態の中で、ウェルビーイングの要素を満たそうと、本やメディアが提唱することを一生懸命がんばってやっても、ある日ふと我に返った時、「あれ? 本当に満たされているのかな?」と思ったり、「毎日やらなきゃ!」と自身を鼓舞してなんだか義務化している自分に気付く瞬間がやってきませんか? 


本やメディアやカリスマが推奨していることは、参考になります。そういった知識を学ぶことはとても大切なこと。

しかし、もっと大事なことは、その学んだことや情報が自分の心身にしっくりくるのか、こないのかということを感じる感覚が研ぎ澄まされているかどうかということです。


皆が良いと言っているもの。カリスマが推奨しているもの。

それをやってみたけどなんだか「???」が浮かんできてしまう!


「できない」、「効いているかわからない」と感じたら、それをそのまま感じることが大事です。

世間一般で良いと言われることと同じことをやってみて、自分はどう感じたかを表現すること。そしてそれが何だか自分に合わないな〜と思ったときそれを「なぜだろう?」「なぜ自分には効果がないんだろう」と悩まずに、「今の自分には必要ないことなのかも」と受け止めて流す。 これが大事です。

多くのYESの中で、NOを表現するのはとても勇気がいりますが、自分の心の中だけでそのNOをしっかりと受け止めることから始めるのは少しハードルが下がるのではないでしょうか。

これはとてもシンプルなことですが、意外とできないのが人間。

多分、小さな社会で生きていた赤ちゃんの頃は、みんなできていたはず。


人間関係が複雑になればなるほど、忙しさが増せば増すほど【本当の自分】がどう感じているのかということが良くわからなくなってきてしまい、終いには取り繕った感情が本当の自分だと勘違いしたまま、普通に生活できてしまうのが現代人の特徴なのかもしれません。


指標や分析に踊らされないで!



データ分析に踊らされないで
データ分析は大事 でも参考程度に


指標や分析はとても参考になります。

ただ、情報過多の現代社会、様々な指標や、違う文化や食生活の中で研究され発表された指標があたかも世界スタンダードのような形でメディアで報道され、本が出版されます。


センセーショナルな見出しや結果ほど人の興味をひき話題になります。

そんな社会は便利ではありますが、そのあふれる情報をどう料理し、自分に合うものにしていくかが、自分自身の幸せを育んでいく鍵となります。


「5つのPERMAが満たされている人が幸せです」と書かれていれば、5つを全部満たすために必死になり疲れてしまう。これでは元も子もなくなってしまいます。

自分はそのうち1つだけでも幸せだと感じられたら、その感覚を大事にすること。それが一番自分の琴線に触れることなんだなと確認すること。

これだけで、もうウェルビーイングなんじゃないかなと思います。


数値はあくまでも参考に。自分自身の五感を研ぎ澄ますことにできるだけ時間を割いて、自分の中で眠っている感性や可能性を少しずつ広げていきましょう。


あなたは何をしているときが一番幸せで楽しいですか? 何を考えているときが一番ワクワクしますか?


自分にとってのウェルビーイング。WHOが提唱するものでもなく、書籍に書かれているものでもなく、自分なりのウェルビーイングの訳を考えてみてください。


明日 21日 20:30ごろからYOUTUBEライブで【それぞれのウェルビーイング】と題して、高岡市金屋町で出会った素敵な人たちをお招きして座談会を行います。

初めてのYOUTUBEライブ配信、上手く行くかな・・・と心配ですがとにかくやってみます! 

素敵なお話が聞けると思うので、ぜひラジオ感覚でご視聴ください。

画像をクリックするとLIVE配信リンクへ飛びます。



 













 

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page